タワーマンションの魅力

パソコンを見る老夫婦

大阪市中央区の松屋町といえば「まっちゃまち」の通称で市民に親しまれ、駄菓子・人形・花火などの昔懐かしい玩具の問屋が軒を並べる独特の風情を持つ街として知られています。 しかし近年では高層マンションが次々と建設され、古さと同居した最先端の都市空間とという新たな魅力が加わってきました。今後も建設ラッシュは続くものと予測されています。 ここに紹介する松屋タワーも、そんな新しい松屋町の魅力を十分に堪能できる高級賃貸マンションです。 松屋タワーは2009年2月に竣工した地上29階建てのタワーマンションで、地下鉄長堀鶴見緑地線松屋町直結という、絶好のロケーションにあります。その他心斎橋駅・長堀橋駅・谷町六丁目駅なども徒歩圏内です。

松屋タワーの特徴は、安全性と快適性に対する徹底したこだわりにあります。建物は安心の免震構造となっているほか、災害に備えての緊急備蓄品も常備されています。また、海外の高級物件では当たり前になっている正面玄関の立番警備、インターホンによる来客取次、住戸内における緊急通報ボタンの設置など、日常的なセキュリティ対策も万全です。 一方、全自動バスルーム、タンクレスシャワートイレ、ガラストップガスコンロなど住戸内の設備も充実しています。ベランダにペット用トイレがあるのも便利です。 さらに入居者専用のアスレチックジム、ポーターサービス、屋上のバーベキューコーナーなど、共用設備も高級物件ならではの陣容となっています。 松屋タワーは非常に人気の高い物件だけに、競争率もかなり高めです。入居を希望する人は空室情報に常時注意しておく必要があります。